援助交際ってやってみればはまります。こういう言い方をするとなんだか男性のコメントみたいだと思われるかもしれませんが、私は女です、女の立場からして、どういう点に援助交際の魅力があるのかといえば、こういうふうに感じるのは私だけかもしれませんが、とにかく、出会い系サイトを利用して知り合った男性に「私が持っている女性としての魅力」を認めてもらっているような嬉しさがあるのです。

もちろん、考え方には人それぞれいろいろな違いもあるかと思いますが、基本的に、自分が全く何の魅力も感じていない相手にお金を払う必要はないと思うのですよ。確かに、深刻な欲求不満で飢えている男性もいるでしょう、また、出会い系サイトを利用している限り世の中はレディーファーストみたいな風潮があって、とりあえず恋愛に関することだったら女のほうが優位に立てるのだということを主張している人もいます。

そういう考え方もあるとは思いますが、それにしたって出会い系サイトを利用すれば、男性にもかなりの出会いのチャンスというものがあるはずです。たくさんいる出会い候補者の中で私を選ぶ理由とはいったい何なのか?もちろんうんの要素もあるとは思いますが、もしも私のことが気に入らなかったらさっさと別の相手に乗り換えるということも可能なのです。

援交という男女関係は、普通の男女関係(恋人同士の関係など)とは明確に違うので、仮に相手との関係を切るにしても、それほどあとくされは問題になりません。その気軽さが援助交際の良いところでもあるわけです。出会い系サイトを利用して知り合った時点で、これは割り切りがたの男女関係になるのだということをお互いが十分に納得しているわけですから、別れるときにあとくされがないというのも当然のことですね。

私のことが気に入らなければ、一回だけとりあえずセックスして、それきり会わないようにするということも可能ですよね。
私だって「この人にはあまり満足してもらえなかったな」というのは感覚としてきちんと見抜きますから、イマイチ手ごたえがなかった相手については無理に深追いしようとはしませんよ。それでも、リピート客という言い方が正しいのかどうかは分かりませんが、体を重ねるのが一度ではなく二度三度と、私のことを何度もリピートしてくれる人も大勢います。

嫌いな相手とは何度もセックスしようとは思わないでしょうから、何度も男性から「会えないか?」という連絡が入ってくる時点で、少なくともその人から見れば、私は女としての魅力を認めてもらっているということになると思うのです。それってわたしにとってはすごくうれしいことなんですよ。