あまりこういうことを言わないほうがいいのかもしれませんが、複数の男性とお付き合いすることについて、私の場合はあまり抵抗を感じないんです。その時々によって、誰と一緒にいたいのかというのは気分が変わったりするでしょう。いつも同じ男とばっかり喋ってると飽きちゃうんですよ。私のこういう考え方に共感してくれる女性って、絶対にたくさんいると思うんですけど。

私には、特に親密なお付き合いをしている男性が二人いますが、どちらの男性も私にとっては大切な存在ですね。どちらかがメインでどちらかがサブ、こっちが恋人でこっちがせふれ、みたいな差は無いです。相手の男性が私のことをどう思ってくれているのか、ということについてはよく分からないんですが……たぶん、私がそんなことを聞いても、正直に教えてくれることは無いでしょうし。

例えば、私が知っている限りでは、結婚を前提にお付き合いしている男性と、自分が本気で好きになれる男性が全く別の人で、どちらも自分にとっては本命で、どちらかがセフレとしての候補だということなんか決められないという人がいます。結婚を前提にお付き合いしている男性と、好きになれる男性が全く別ってどういうことなんだと、特に男性だったらかなり強い疑問を持つものかもしれません。

けれども女性の立場から考えれば、こういう気持ちってごく当たり前のことなんですよ。浮気性といえば、どうしても男性のことばっかりが悪く言われることが多いみたいですが、女性の中にも浮気性な人は結構いて、それを自分がわかっているかどうかは別として、複数の男性とお付き合いしていても特に抵抗を感じることは無いという人はいます。

女性が複数の男性とお付き合いする動機としては、たいていの場合、それぞれの男性に対して求めているものが違う、というのがよく言われます。例えば、結婚を前提にお付き合いしている男性には経済力や責任感、優しさなどを求めていて、せふれとしての関係を持っている男性に対しては、セックスのテクニックで選んでいるというケースが意外と多いんです。

結婚を前提にお付き合いしている男性に対して、いい加減な要素があるなら許せないし、真面目なタイプを選ばないと簡単にホイホイと浮気するかもしれない。自分が浮気をしているのは置いといて、男性の側の浮気はやっぱり許せない(笑)常に自分のことだけを見ていてほしい、ちやほやされたいという気持ちが、女性にはあるんですよ。女性ってわがままですよね。